>

修理を依頼するときに気を付ける点とは?

保証が受けられないことのデメリットとは

先ほどデメリットとして、正規店の保証を受けられなくなるということをあげました。
そもそも、正規店からの保証とはどのようなものがあるのでしょうか?

例えば、スマホが水没してしまったり破損してしまったりした際に、1~2日で代替機を届けてくれるサービスなどがあります。
最初にサービスへの加入金を払い、月額で料金を払っていればほとんどの場合追加で料金はかかりません。
買い換えるつもりはないし、かといって修理店を利用する気はない、というときに便利です。
もちろん、正規店の方が安心だと感じる方も同様です。

こういった保証サービスに加入している方は、そのサービスを今後受けなくても良いかどうか、よく考えてから修理店に行くようにした方がよいかもしれません。

悪徳業者に注意しよう

スマホを修理店で修理してもらう際に気を付けたいのが、悪徳業者です。
スマホが普及してから、こういった修理店がどんどん増えてきましたが、まだまだ未熟な市場とも言えます。
そのため、どの店も同じようなレベルの修理ができる、というわけではないのが現状です。
ネジの場所が間違っていたり、ネジ山がつぶれてしまったりといった初歩的にも思えるトラブルが起きることもあります。

そんな業者に捕まらないためには、修理料金に着目してみましょう。
例えば、ホームページに記載されている料金と実際に店舗で支払う料金が違うというケースがあります。
ホームページでは非常に安いのに実際はそんなに安くなかった、なんていうことが起きる業者は、あまり信用できません。
また、アプリをインストールすれば割引をする、と言ってくる業者にも注意です。
これは正規店でも見られるのでアプリ自体が悪いわけではないのですが、割引率があまりに高い場合は注意です。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る